「ひきこもり支援を目的として掲げる民間事業の利用をめぐる消費者トラブルにご注意ください!」

ひきこもり支援の公的窓口以外による、民間による独自の取り組みにより、「説明と契約内容が異なる」「解約できない」などのトラブルが起こった際に、「消費者ホットライン(188番)や、消費生活センターを活用する事を呼びかけている。